【2019】ワークマン冬のおすすめ防寒インナー|ウィンドシールドボルカ

ウィンドシールドボルカのタグ

毎年のことですが、冬はやっぱり寒いですよね。

「手軽に寒さをしのぎたい。」「少しでも暖かい恰好が知りたい。」そんな方も多いと思います。

そこで今回は、私が愛用するガチで暖かいインナーを紹介したいと思います。

ガチで暖かいインナーとは、ワークマンの「ウィンドシールドボルカ」です。

冬はヒートテックという方も多いと思いますが、ウィンドシールドボルカの方が断然暖かいです。

長袖ハイネックHEAT ASSIST ヒートアシスト 防寒
ワークマン

冬の防寒インナーにワークマンがおすすめな理由

値段が安い

ウィンドシールドボルカは1着1,280円。ユニクロのヒートテックと比べても大差ありません。

私は「 ジオライン」と「スーパーメリノウール 」という、モンベルの高機能インナーも持っているのですが、(どちらも5,000円ぐらいします)

暖かさだけなら、モンベルの高機能インナーも、ウィンドシールドボルカも同じぐらいのレベルです。

もちろん「ジオライン」と「スーパーメリノウール 」は、暖かさ以外にも様々な機能があるので、単純に値段の比較はできません。

でもワークマンなら、アウトドアブランドが5,000円で販売する高機能インナーと同レベルの暖かさのインナーが、たった1,280円で手に入るのです。

ワークマンはけっこうな確率で、価格を圧倒的に上まわる価値の商品を売ってたりしておもしろいです。

さけくらげ
値段に対する暖かさが尋常じゃない。

着た瞬間から暖かい

ウィンドシールドボルカの裏地は「ピーチ起毛」という加工が施されています。

さけくらげ
ピーチ起毛は、めっちゃ毛の短いフリースみたいな感じです

肌に直接触れる部分が起毛素材なので、着た瞬間から暖かいです。

ピーチ起毛のウィンドシールドボルカ

ピーチ起毛の裏地

さけくらげ
着た瞬間にヒヤッとしないのは、冬の寒い朝には本当にありがたい。
長袖ハイネックHEAT ASSIST ヒートアシスト 防寒
ワークマン

デザインがシンプル

2019年になって、ワークマンの防寒インナーのデザインがシンプルになりました。

インナーなのであまり人目には触れませんが、ダサいよりはシンプルなほうがいいですよね。

ウィンドシールドボルカは胸元にワンポイントがあるだけの、シンプルなデザインです。

ウィンドシールドボルカ

胸元にワンポイントのシンプルなデザイン

さけくらげ
これならジムとかで着てても、違和感ありません。

ちなみに前まではけっこうダサかったです。

ちょっとダサかった今までの防寒インナー

2017年のデザイン

さけくらげ
またいつデザインが変わってしまうか分からないので、2019年は買い時かなと思います。
長袖ハイネックHEAT ASSIST ヒートアシスト 防寒
ワークマン

ワークマンの冬インナー|ウィンドシールドボルカの気になる点

ハイネックしかない

現時点ではウィンドシールドボルカには、ハイネックしかありません。

さけくらげ
丸首やVネックもあると便利なんですけどね。

実は公式サイトには、長袖Tシャツと長袖Vネックシャツへのリンクがあるのですが、リンク先に飛ぼうとするとエラーになってしまいます。

実店舗にもハイネックしか置いてなかったので、おそらくハイネックしかないと思われます。

【追記】2019年冬にVネック、クルーネックも登場しました!

 

ハイネックだけだと、仕事用のインナーとしては使いづらいのが残念なところ。

さけくらげ
ハイネックの部分を折り畳めば、使えないこともないんですけどね。
ワイシャツで隠れるウィンドシールドボルカ

ハイネック部分を折り畳んでワイシャツの下に着ています

長袖ハイネックHEAT ASSIST ヒートアシスト 防寒
ワークマン

まとめ

防寒インナーには、ウィンドシールドボルカがおすすめな理由が、分かっていただけたでしょうか?

安い・暖かい・シンプル3拍子揃った防寒インナーを、ぜひ試してみてください。

長袖ハイネックHEAT ASSIST ヒートアシスト 防寒
ワークマン
寒さを乗り切る服装最強の防寒着はワークマン一択|寒い冬に使えるアイテム総まとめ 冬でも暖かく過ごせる服ワークマンVSおたふく手袋|冬のコスパ最強防寒インナーは!?