3ヵ月99円で4,000万曲聴き放題|AmazonMusic

ワークマンVSおたふく手袋|冬のコスパ最強あったかインナーは!?

冬でも暖かく過ごせる服

冬のあったかインナーと言えばユニクロのヒートテックという方は多いでしょう。

ですがヒートテックよりも、もっとコスパの高いあったかインナーを販売している会社が2つあります。

ワークマンとおたふく手袋です。

どちらも現場作業員や自転車・バイク乗りから高い評価を受けています。

もちろん屋外での使用だけでなく、室内でも使えるインナーですのでご安心を。

結論から言っておくと、ワークマンとおたふく手袋の暖かさは、ほぼ互角です。どちらか悩んだら着心地で選びましょう。

ゆったりした着心地がいいならワークマン、キツめの着用感を求めるならおたふく手袋がおすすめです。

ワークマン公式オンラインストアを見る
✔1万円以上買うと送料無料

ワークマンのあったかインナー



ワークマンは、いくつかの種類のあったかインナーを販売しています。中でもおすすめは、「ピーチ起毛」のインナーです。2018年秋冬モデルだと、ウィンドシールドボルカ長袖ハイネック1,280円)がピーチ起毛の商品です。

MEMO
ピーチ起毛を簡単に説明すると「モコモコし過ぎない裏起毛」です。

ワークマンのインナーは、ゆったりとした着心地が特徴。しかも起毛素材なので、着た瞬間から暖かいです。

裏起毛の素材を地肌に直接着るのは、なんとなく抵抗がありましたが、不快感はまったくありませんでした。少しの汗ならべたついたりもしません。

 

冬の部屋の中での服装は、ピーチ起毛のインナーの上に、ユニクロのスウェットとボアパーカーを着ています。

正直これだけで暖房がいらないレベルです。

実際に私は2017年の冬は、ほとんどエアコンなしで乗り切りました。(コタツは使いましたが笑)

ワークマン公式オンラインストアを見る
✔1万円以上買うと送料無料

おたふく手袋のあったかインナー

安さを求めるなら、おたふく手袋のインナーがおすすめです。Amazonで800円程度で売られています。

ヒートテックよりもワークマンよりも安いです。

あったかインナーとしてはキツめの着用感が特徴。

商品名に「コンプレッション」と入るだけに、かなりピッチリとした着心地です。

おたふく手袋袖の長さ

注意
袖の長さは短めです。Lサイズでも袖の長さは画像ぐらいです。

ワークマンとおたふく手袋の比較

暖かさ着心地値段
ワークマンゆったり1,280円
おたふく手袋ぴっちり780円
(記事執筆時点のAmazon価格)

暖かさはほぼ互角。どちらもヒートテックよりは暖かいです。

着心地に関しては、ワークマンはゆったり、おたふく手袋はぴっちり。

値段はおたふく手袋の方が安いですね。ただし買うタイミングによって価格の変動があるので注意しましょう。(去年私が買った時は1,000円でした。)

どちらもポリエステルとポリウレタン素材の裏起毛インナーです。

172cm、63kgの私はどちらもLサイズがちょうどでした。
※おたふく手袋は袖が短めなので注意。

まとめ

個人的にはヒートテックよりも、ワークマンとおたふく手袋のインナーが断然おすすめです。

正直暖かさが全然違います。

ワークマンとおたふく手袋のコスパ最強あったかインナーで、寒い冬を乗り切りましょう。

ワークマン公式オンラインストアを見る
✔1万円以上買うと送料無料

暑すぎる夏高評価のワークマン冷感コンプレッションインナーがガチで最強
Amazonでお得に買い物する方法
Amazonギフトチャージがお得

 

Amazonでの買い物は、お金をチャージしたAmazonギフト券がおすすめ。

チャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

ギフト券詳細・チャージ方法は公式サイトでご確認ください。

✔初回限定|5,000円チャージで1,000ポイントゲット

✔Amazonギフト券は10年間有効

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください