Audibleを無料で体験する|最大3,000ポイント

WiMAX2+のメリット・デメリットをわかりやすく徹底解説

海辺でたたずむペリカン

さけくらげ

WiMAX2+って実際のところどうなの?

「最近WiMAX2+ってよく聞くけど、実際どうなの?」とお悩みのあなた。
WiMAX2+のメリットとデメリット、料金や通信速度、速度制限について、

実際にWiMAX2+のモバイルルーターを2年、ホームルータを3年使っている私が徹底解説します。

WiMAX2+のメリット

  • 料金が安い
  • 外でも使える
  • 毎月の通信量を気にせずに使える
  • 引っ越しが楽
  • 2年ごとに乗り換えるとお得
  • 届いたその日から簡単に使える
  • 高速通信

料金が安い

まずは何より月々の料金が大事ですよね。ご安心ください。WiMAX2+はちゃんと安いです。

私が現在利用しているBIGLOBE WiMAX 2+の月々の料金がこちら。

ビッグローブWiMAX2+月額

最初の数か月は割引があるのでめちゃくちゃ安いですね。最終的な月々の料金は約4,200円です。

ちなみに内訳はこんな感じ。

ビッグローブWiMAX月額内訳

 

WiMAX2+の料金を確認したところで、最もメジャーな光回線である「フレッツ光」と料金の比較をしてみましょう。

フレッツ光の料金はこちら。

フレッツ光月額

NTT東日本公式HP、https://flets.com/next_giga/isp/isp_fee_mn.html

集合住宅のタイプやプロバイダで多少料金に違いはありますが、おおむね月に4,000円~5,000円といったところでしょうか。
さらにフレッツ光ではこの月額料金にプラスして初期費用が発生します。

フレッツ光初期費用

NTT東日本公式HP、https://flets.com/next_giga/isp/isp_fee_mn.html

高い。しかも土日休日に工事だと+3,000円ってひどくない?

ということでまずは、安さの観点からWiMAX2+がおすすめです。

ちなみに料金に関しては、本家のUQ WiMAXよりもBroadWiMAXBIGLOBE WiMAX 2+の方が安かったりします。

外でも使える

WiMAX2+には持ち運べるモバイルルーターと家で使えるホームルーターがあります。

モバイルルーターは手のひらサイズで、気軽に持ち運ぶことができます。

モバイルルーターを選べば、ノートPCやタブレットがいつでもどこでもネットに接続できるようになります。

出先で動画サイトも見れますね。

 

節約を重視するならWiMAX2+のモバイルルーターと格安SIMの併用も有効です。

家でも外でも通信はモバイルルーターで行うことで、通信量を大幅に抑えられます。

これをうまく使えば格安SIMの通信量もかなり抑えられるでしょう

格安SIMに関する記事はこちら

毎月の通信量を気にせずに使える

WiMAX2+以外にもY!mobileなどがモバイルルーターを出しています。

しかしWiMAX2+以外のモバイルルーターには、月に7Gまでしか通信できないという制限があります。通信量が月に7Gを超えるとその後の通信速度がずっと128kbpsになってしまいます。これでは固定回線の代わりとしては使い物になりません。

しかしWiMAX2+なら月間の通信量には上限がありません。

参考までに私は毎月30~50Gほど使っています。

完全に無制限で使えるわけではありませが、その点についてはデメリットの部分で後述します。

引っ越しが楽

個人的にはとても大きなポイントです。

引越の時はただでさえバタバタしますよね?引っ越し業者は頼まなきゃいけないし、荷物もまとめなきゃいけない。

いろんなサービスの住所変更手続きもしなきゃいけない。

そのうえインターネット回線を固定回線にしようとすると、部屋の中に回線を引く工事が必要です。

しかもこの工事は申し込みから数週間かかることもあります。

そんなのどう考えても面倒くさいです。

 

何度か引っ越した経験から言うと、新居に移ってからすぐに絶対に調べたいことが出てきます。

その時にネットが使えないのはとても不便です。

WiMAX2+なら引っ越しがとても楽になります。

必要なのはルーターを引っ越し先に持っていくだけ。

工事も何もいりません。

私自身学生時代は、一人暮らしの自宅に光回線を引いていました。しかし卒業と同時にに引っ越しが必要になり、そのタイミングでWiMAX2+に乗り換えました。(固定回線の工事が面倒くさすぎたので。)

数年で引っ越しを繰り返すようなら、いちいち固定回線を引くよりはWiMAX2+を使うことを強くお勧めします。

2年ごとに乗り換えるとお得

WiMAX2+を使うなら同じプロバイダを2年以上使い続けるよりも、2年で乗り換えたほうがお得です。なぜ2年なのかはデメリットの部分で後述。

なぜ乗り換えるとお得なのか?それは各プロバイダがキャンペーンやキャッシュバックを行っているからです。

具体的には2万円弱の初期費用が無料になったり、4万円近いキャッシュバックがあったりします。
簡単に各プロバイダのキャッシュバックの特徴をまとめてみました。

  • UQ WiMAX:安心・安定のWiMAX2+本家本元。キャッシュバックは特になし。
  • BIGLOBE WiMAX 2+:月額料金の安いプランとキャッシュバックが選べる。キャッシュバック手続きも比較的簡単。
  • BroadWiMAX:キャッシュバックはないが、その分月額料金が安い。2万円弱の初期費用無料キャンペーンあり。
  • GMOとくとくBB:最大4万円程度のキャッシュバックあり。ただしキャッシュバック手続きは少し複雑。

届いたその日から簡単に使える

工事が不要なので、ルーターが届いたその日からインターネットが楽しめます。

必要な事といえば、ルーターに簡単な設定をするだけ。

高速通信

常に30Mbpsぐらいの速度が出ます。

光回線だともっと速い速度が出るかもしれませんが、体感的にはこの速度で十分です。

WiMAX2+のデメリット

  • 3日で10G 制限
  • 2年縛り
  • エリアには注意

3日で10G制限

WiMAX2+は完全に使い放題というではありません。1か月あたりの通信量には制限がないんですが、3日間で10Gという制限があります。

この上限を超えると、翌日の18時~深夜2時頃の通信速度が約1Mbpsに低下します。UQ公式サイトによればこの速度は、「YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度」とのことです。

現在の通信量がどれぐらいなのかは、管理画面からこんな感じで確認できます。
※ホームルーターL01の場合です。モバイルルーターであればルーター自体の画面から確認できるはず。

L01通信量確認画面

 

2年縛り

WiMAX2+は基本的にどこのプロバイダを選んでも、2年縛り(3年の場合もあります)があります。契約から2年後にしか無料で解約はできず、更新月を逃すと次に無料で解約できるのは、また2年後です。しかも2年たつと割引が終わって月額料金も高くなってしまいます。

こちらは「2年ごとに乗り換えるとお得」というメリットと表裏一体です。2年縛り自体はユーザーに不利益ですが、キャンペーンやキャッシュバックなどのおかげで乗り換えが苦ではありません。

使えるエリアには注意

日本全国どこでも100%繋がるわけではありません。人口密集地はかなりカバーしていますが、山間部等では繋がらないかと思います。

実際に自分が住む地域でも、WiMAX2+が繋がるかきちんと確認しましょう。UQ公式サイトのWiMAX2+サービスエリアマップをまずは確認です。

もし繋がりそうなら、UQの公式ページにTry WiMAXというサービスがあるので、必ず申し込みましょう。

実際にルーターを15日間レンタルできます。「エリアマップでは繋がる地域の表示になっているけど、実際に引っ越してみたら部屋の中では繋がりにくい。」ということもあるみたいです。

なので私は引っ越しの下見に行く時にこのレンタルサービスを利用しました。実際に住む部屋での通信速度も測定したうえでの利用開始だったので、安心して引っ越すことができました。

まとめ

WiMAX2+がおすすめな人

  • 引越が多い人
  • 出先でもパソコンやタブレットを使用したい人
  • 料金を安く抑えたい人
  • 固定回線として使いたい人

 

WiMAX2+をおすすめしない人

  • 休日は1日中動画サイトを見続ける人
  • 絶対に速度制限が嫌な人

・月額料金を安く抑えたい方はBroadWiMAXがおすすめ

・簡単な手続きでキャッシュバックが欲しい方はBIGLOBE WiMAX 2+がおすすめ

手続きが多少複雑でも高額なキャッシュバックが欲しい方はGMOとくとくBBがおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください