3ヵ月99円で4,000万曲聴き放題|AmazonMusic

九州でSuicaは使える?使い方や範囲を解説

旅

これから九州に旅行に行こうとしているあなた。

九州を電車で移動したいけど、Suicaが使えるか不安というあなた。

実はSuicaがあれば、九州の公共交通機関のほとんどがカバーできます。

よほどマイナーな場所に行かない限りは、Suicaが使えると思って大丈夫です。

具体的には「福岡空港→博多」もSuicaで移動できますし、博多から呼子にイカを食べに行くにもSuicaだけで移動できます。

それでは九州でSuicaが使えるエリアがどこなのか具体的に見ていきましょう。

九州でSuicaが使える範囲

九州でSuicaと相互利用できるICカードは3つあります。

  1. SUGOKA(JR)
  2. nimoca(バス・市電)
  3. はやかけん(地下鉄)

この3つのどれかが使えれば、Suicaで移動や買い物ができるんです

SUGOKA(JR)

SUGOKAはJR九州で使えるICカードです。

SUGOKAが使える範囲は、下画像の通り。

SUGOKA利用エリア

「博多→佐賀」「博多→小倉」「佐賀→熊本」「大分→別府」など、九州エリアの主要都市はほぼ網羅できます。

ちなみに九州のコンビニであれば、ほぼすべての店舗でSUGOKAが使えます。

うっかり

さけくらげ
会計はSuicaでお願いします。

というと一瞬ですが怪訝な顔をされます。(実話)

伝えるなら、「SUGOKAでお願いします。」と伝えましょう。

nimoca(バス・市電)

nimocaは主に九州エリアのバスや市電などに乗車できるICカードです。

福岡・大分・佐賀の路線バスや熊本市内を走る路面電車に乗ることができます。

熊本駅から繁華街まで(「熊本駅前→辛島町」)も市電で移動ができます。

nimocaが使えるエリアを調べる

はやかけん(地下鉄)

はやかけんは、福岡市内を走る地下鉄対応のICカードです。

「福岡空港→博多」がSuicaで乗車できるのは、はやかけんのおかげです。

他にも天神の屋台を目指して「博多→天神」に乗れます。

また呼子のイカを目指しての「博多→唐津」も、「博多→姪浜」(はやかけん対応エリア)+「姪浜+唐津」(SUGOKA対応エリア)の合わせ技で乗れます。

はやかけん利用エリア

まとめ

Suicaを持っていれば、九州エリアの公共交通機関の大半に乗車が可能です。

コンビニでも「SUGOKAで!」と伝えれば普通に買い物ができます。

全国の交通系電子マネーの相互利用のおかげで、旅行が楽しく身近なものになっていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください