スカイマークでお土産は手荷物として機内に持ち込める?【実例も紹介】

飛行機に乗るときの注意点

ふだん飛行機に乗らない人にとっては、飛行機に乗るのって緊張しますよね?

なかでも気になるのは「バッグやお土産などの荷物をどうしたらいいのか?」です。

この記事では「どれくらいの荷物だったら機内に持ち込めるの?」「大きな荷物があるんだけど、これは預けなきゃダメ?」

などの疑問にお答えしていきます。

スカイマークでは機内にどんな荷物が持ち込める?

LCCでは機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどがしっかりと決められています。

「実は荷物を預けなきゃいけなかった」なんて事が搭乗直前に分かると大慌てです

そんなことにならないように、事前に機内持ち込みのルールを確認しておきましょう。

お土産の袋ぐらいなら持ち込みOK

スカイマークでは機内に持ち込める手荷物は、身の回りの品+手荷物1つと決められています。

身の回りの品とは?
ハンドバッグやカメラ、お土産などの小型の荷物のことです。
手荷物とは?
キャリーバッグやリュックサックなど、座席上の棚にしまうような荷物のことです。
さけくらげ
私が実際に持ち込めた例を挙げるとこんな感じ。

実際に持ち込めた例

  • リュックサック+お土産
  • キャリーバッグ+カメラ+お土産
注意
座席の上の棚にしまうようなサイズの荷物を、2つ持ち込むことはできません。

棚に入らないサイズの荷物は持ち込めない

スカイマークで機内に持ち込める手荷物の大きさが決められています。

スカイマーク機内持ち込み手荷物

機内に持ち込める荷物のサイズは「55cm×40cm×25cm」「3篇の合計が115cm以内」までです。

これがどれくらいのサイズかよくわからないという方は、自分の足のサイズを目安にするといいです。

「自分の足2つ分か。」と思うとイメージしやすいですね。

普段使っているサイズのリュック等であれば、特に問題なく持ち込み可能です。

キャリーバッグは国内旅行用の小さめのものであれば持ち込めることが多いです。

さけくらげ
この大きさを超える場合にはきちんと荷物を預けましょう。

10㎏以上の荷物は預ける必要あり

機内に持ち込める手荷物の重さは10kgまでです。

手荷物で10kgというと持ち運ぶのに苦労するレベルなので、あまり気にしなくていいでしょう。

私が3泊4日の国内旅行をした際には、3泊分の着替えやお酒(720ml)、お土産を合わせても5kg程度でした。

数泊程度の旅行であれば、10㎏を超える荷物になる可能性は限りなく低いです。

まとめ

ふだん持ち歩く程度の荷物なら、問題なく飛行機の機内に持ち込むことができます。

不安な方は搭乗手続きの受付場所で荷物の大きさや重さを測りましょう。

LCCは大手航空会社よりも手荷物持ち込みの制限が厳しいと言われますが、スカイマークではそうは感じませんでした。

さけくらげ
手荷物の持ち込みルールをきちんと把握して、LCCでお得に旅行を楽しみましょう。