【副業ブログ】たった10分で開業届&青色申告の届出【開業freee】

副業としてブログを書く人

どうも、会社員として働きながらブログを書いているさけくらげ(@sakekurage1)です。

このたび、税務署に「開業届」と「青色申告の届出」を提出し、書類の上では個人事業主となりました。

だからといって会社を辞めるつもりは全くなく、100%節税を目的とした開業です。

この記事では副業で収入を得ている方向けに、開業届や青色申告の届出についてご説明します。

この記事のポイント
  • 開業届とはなんなのか
  • 開業届を出すとどうなるのか
  • 開業届を簡単に作成する方法
注意
あくまで副業としてブログを書いている方向けの記事です。ガチのフリーランスの人には参考にならない可能性があります。

開業届とは

開業届(正式名称:個人事業の開業届出書)とは、本業・副業に関わらず、何かしらの事業を始めた場合に提出しなければならない書類です。

事業を始めた日から1か月以内に、所管の税務署に提出する必要があります。

ただし提出しなかったからといって、何か罰則があるわけではないので、提出していない人が一定数いるのが実態です。

さけくらげ
開業届の提出は義務ですが、罰則はありません。大事なことなのでもう一度、開業届を提出しなくても罰則はありません。

(開業等の届出)
第二百二十九条

居住者又は非居住者は、国内において新たに不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を開始し、又は当該事業に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものを設け、若しくはこれらを移転し若しくは廃止した場合には、財務省令で定めるところにより、その旨その他必要な事項を記載した届出書を、その事実があつた日から一月以内に、税務署長に提出しなければならない。

所得税法第229条

開業届を提出するとどうなる?

開業届を出すと、以下のようなメリットがあります。

  • 青色申告で65万円の特別控除が受けられるようになる
  • 税理士に無料で記帳指導をしてもらえる可能性がある
  • 確定申告書類が毎年送られてくるようになる
  • 屋号で銀行口座をつくることができる

厳密には開業届を出したからと言って、青色申告ができるようになるわけではありませんが、青色申告をしたいならとりあえず開業届の提出は必要です。

さけくらげ
少しでも税金を安くしたい方は、【節税】副業ブログは事業所得として認められる?【青色申告】も読んでみてください。
MEMO
本業として開業する方は小規模企業共済等に加入できるというメリットがありますが、副業としての開業の場合には基本的には小規模企業共済等には加入できません。

開業届の提出には、メリットだけではなく、以下のようなデメリットもあります。

  • 失業保険が受け取れなくなる
  • 保険の扶養から外れる可能性がある

人によっては、この2つのデメリットはとても大きいです。

メリットとデメリットをよく考えたうえで、開業届を提出するかどうかを決めましょう。

開業届を10分で作成する方法

ここから先は、「自分の場合は開業届を出すメリットの方が大きそうだし、開業届を出そうかな。」と思っている方に、ぜひ読んでほしい部分です。

結論から言っておくと、開業freeeを使えばたったの10分で開業届と青色申告承認申請書を作ることができます。

「青色申告承認申請書?がいきなり出てきたけど、何それ?」と思うでしょうが、開業の大きなメリットである「青色申告の65万円の控除」を受けるためには、事前に税務署への「青色申告承認申請書」の提出が必要なのです。

開業freeeなら、簡単な質問に答えるだけで、開業届と一緒に青色申告承認申請書が作れます。

開業freeeの実際の画面

開業freeeなら簡単な質問に答えるだけ

開業届を作成するなら、開業freeeを使わない手はありません。

しかも簡単に書類が作成できるだけではなく、青色申告でどれぐらいお得になるかまで教えてくれます。

青色申告だと15万円もお得

青色申告だとこんなにお得

さらには郵送での提出用に、所管の税務署の宛名まで印刷できます。あとは宛名を貼って送るだけで手続き完了です。

さけくらげ
実際に私も使いましたが、簡単すぎて驚きました。

無料で開業freeeを使う

まとめ

それではこの記事のまとめです。

まとめ

  • 副業でも開業届の提出は必要
  • 開業届を出さなくても罰則はない
  • 開業届の提出にはメリットもデメリットもある
  • 開業freeeを使えば、10分で開業届が作成できる
さけくらげ
意外とあっさり開業できました。
確定申告の計算【節税】副業ブログは事業所得として認められる?【青色申告】