3ヵ月99円で4,000万曲聴き放題|AmazonMusic

iDeCoおすすめ商品|楽天証券の投資信託を厳選!この3本で間違いなし!

お金を育てる

iDeCoを始めようと思っても、どんな商品を選んでいいのか分からないもの。

今回は楽天証券でのおすすめ投資信託を3つ厳選してご紹介します。

楽天のiDeCoには楽天VT、楽天VTIという素晴らしい商品があります。

楽天証券|iDeCoおすすめ投資信託

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))

通称楽天VT。アメリカでバンガード社という会社が運用しているVTIというETFを投資信託化した商品です。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動しており、これ1本で全世界の8,000銘柄に投資ができます。大型株~小型株まで網羅しており、まさに世界を手にできる投資信託です。

信託報酬も0.2296%と十分に低コストと言えます。

この1本を長期的に買い続けるだけで、世界の大半の投資家を上回る結果を出せるでしょう。

VTの右肩上がりのチャート

長期チャートも順調に右肩上がりです。2009年にリーマンショックで大きく下落しましたが、その後の数年間で回復。その後は大きな下落もなく順調に推移しています。

投資先の内訳としては半分ほどがアメリカへの投資、あとの半分が全世界に分散されています。

楽天VT国別割合

私はiDeCo口座はSBIで開設しているのですが、正直楽天証券の方がうらやましいです。

この投資信託をiDeCoで買うためだけに口座の移管を検討するレベルの商品と言えます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

通称楽天VTI。アメリカでバンガード社という会社が運用しているVTIというETFを投資信託化した商品です。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスへの連動を目指しており、全米の小型株~大型株4,000銘柄に投資ができます。これ1本でアメリカの投資可能な銘柄のほぼすべてを網羅しています。

信託報酬は0.1696%と驚きの低コストです。

この10年は楽天VT(全世界)よりも好調でした。

VTIの右肩上がりのチャート

「今後もアメリカが最強!」「何よりもコストが安い投資信託を選びたい。」そういった方は楽天VTがおすすめです。

たわらノーロード先進国債券

楽天証券は楽天VT(全世界)と楽天VTI(全米)という素晴らしい商品があります。株式への投資の選択肢はこの2つだけで十分なので、最後は債券の投資信託をおすすめしたいと思います。

たわらノーロード先進国債券は、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース、為替ヘッジなし)に連動する投資信託です。

信託報酬は0.1836%と低コスト。

俵ノーロード先進国債券割合

日本を除く主要先進国の債権に分散して投資ができます。

「投資はこれ1本!」というタイプの商品ではなく、あくまでメインは株式。バランスをとるために債券を加えるという使い方になります。

そのあたりのリスク許容度をどれぐらいに設定するのかは水瀬ケンイチさんの本がおすすめです。

まとめ

楽天証券でiDeCo口座を開設した方の選択肢は非常にシンプルです。

アメリカが今後も世界をリードする国であり続けると確信できるなら楽天VTIを、インドや中国などの新興国の成長も取り込みたいなら楽天VTを買いましょう。

今のところ楽天VT、楽天VTIがiDeCoで購入できるのは楽天証券だけです。
この2本の投資信託がiDeCoで購入できるというだけでも、楽天でiDeCo口座を開設する価値があります。

大金SPXL積立で1億円|長期チャートから見るレバレッジETFの破壊力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください